読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5〜6日目:最終日です。

 友人taka氏に「もっと更新しろ」とせっつかれたにも関わらず、
 またもや1ヶ月近く放置してしまいました。
 
 色々とくだらない事に精を出してるから、
 時間がかかるんだよ・・。
 もうしばらくしたら、レンタルサーバーを契約して、
 そっちでアプリ公開しようかなと考え中です。
 さて、新婚旅行の最終日のお話し。

海水浴しました


 チェックアウトまで海で遊ぶ事に。
 嫁さんはかたくなに水着にならないと言うので、
 俺だけ水着に着替えて満喫。
 いまひとつテンションは上がらなかったけど、
 それなりに楽しかった!

最後にして初めての外出

 チェックアウトから出発までだいぶ時間があるので、
 すこしホテルの外を散策。
 ガイドさんがいない状態で外出したのははじめてだったので、
 けっこうドキドキしました!
 
 屋台とかでご飯は食べちゃだめ*1
 ガイドさんにきつく言われていたので、
 食べはしなかったんですが、
 ほかの外国人はうまそうに食ってて
 「なんでだめなんだよ><;」と悔しい思いをしました。
 お昼になって腹がへり、ガマンできずスタバで昼飯食いました。
 メニューは日本とほぼ同じだったので、
 無難にダークモカフラペチーノのティー*2を頼んでおきましたけどね!
 
 二人で食ってたら、日本語ペラペラのインドネシア人に
 やたらと素性を聞かれたので、
 「東京の江戸川区から来ました!」
 と大ボラ吹いておきましたよと。
 

さよならバリ

 ホテルへ戻ってからはロビーで嫁さんと談笑。
 これまでの統括を話したり。
 
 ガイドさんとの待ち合わせの時間が来て、
 デパートへ移動して最後の買い物。
 その後、バリ式エステ。
 自分は全身マッサージを前日にやってるのでヘッドスパを体験。
 嫁さんは全身マッサージ。
 
 嫁さん、あまりの気持ちよさで朦朧とし、
 マッサージオイルの入ったガラス瓶をはたいて割るなど。
 とりあえず弁償はせずにすんだ。
 ちなみに自分のヘッドスパは、普通だった。

帰路


 デンパサール空港に着いて、
 漆黒のガイドさんとお別れ。
 そして日本への飛行機に乗る・・予定が乗れない。
 深夜12時ちょうど発のはずが、なんかぜんぜん飛ばない
 搭乗すら出来ない。
 理由は分からないけど待たされました。
 オーストラリア行きの飛行機を待ってるオーストラリア人が
 列作ってるのを眺めつつ、
 ラテン系の人たちがだんだんスリなんじゃとか
 勝手なことを妄想したりして過ごした。
 
 ようやく1時ぐらいに搭乗できて、
 もう限界だと思ってリクライニングを倒したら
 離陸だからってソッコーで元に戻された・・。
 

ただいま日本

 で、飛び立ってからずっと寝てました。
 翌朝、飛行機の中で目覚めて、朝食に和食が少し出たのですが、
 それのうまさといったらなかったですよ。
 
 夕方、自宅に帰って、その日はおそばを食べに行ったんですが、
 やはり最高でした。
 「人は土から離れては生きていけない」
 とシータが言ってましたが、
 「日本人は味噌と醤油からは離れては生きていけない」
 と痛感しましたね・・。
 
 たまに日本を離れて日本の良さを再確認するってのは、
 いいことだと思いました。
 おしまい。

*1:古い油を使い回しているかもしれず、日本人の弱い胃は耐えられないだろう、とのこと。事実、バリっ腹というぐらい日本人はバリの水や食事で腹をこわす。

*2:トールサイズ。