読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームを一本公開しました。

 はてなブログを、適当にgunsyuって入れて登録して、
 なんか移行の仕方とかよくわかんなかったから、
 退会して、
 「あ、でも公開しないで保持しとくだけでもいいかな?」
 って思い直して、
 再登録しようとしたらgunsyuが使えなくなっちゃった件。
 →こんにちわ。


 2004年にDirectXの勉強しようと思って作ったゲームを
 amemilitia.comへ公開しました。


 とても不安定な動作をしますが、
 システムをぶっ壊すほど奇天烈な動きはしませんので、
 ぜひ遊んでみてくださいね。


 くわしくは、amemilitia.comへ!

当時の思い出

 たしか1999年に就職して、
 いきなり2000年問題対応をやって、
 あの頃のIT業界はライブドアショック以前というか、
 確かまだライブドアはエッジ・・とかいう名前で
 Windowsのバイナリが動くLinux*1とか
 販売してたりしてた頃で、
 早い話が「仕事減らしてくれないと死ぬ」ってぐらい
 仕事もお金も回ってた時代だった気がします。
 ITは経費を削減する魔法の箱と
 思われてたかもしれませんね。
 実際は真逆だけど。


 んで、3年目くらいで仕事に疲れて
 「やっぱゲーム作りたいな・・」
 と思って作ったのがこれ。


 学生時代にDirectXが登場して、
 たしかDirectX5で絵を出したり
 ゴニョゴニョしているうちに
 卒業制作とか作らなきゃならなくなって、
 結局は卒業しちゃって、
 ゲーム会社には就職出来なかったし、
 なんか、
 まともにゲーム作りきったことがないな
 って思いだけはあって。


 ちょっとしたのでいいから作ろう!
 と、ゲームの内容がしょぼい割に
 奮起して作った記憶があります。


 Windows特有の

  • 他のウィンドウにフォーカスが行っちゃったらどうするか?
  • マウス感度が設定によって変わっちゃわないか?

 などなど、ゲーム以外の所でつまづいて、
 なんだかメタメタな感じになっちゃったっていうね・・。


 肝心のゲームの方は、
 改めて遊んでみたんですけど、
 まあまあ面白いかなー。
 ゲームオーバーになる瞬間は
 「うおおおおお!!!」
 って声出ますし。


 そんな風な思い出が詰まったゲームですので、
 もしよろしければ遊んでやってください。

*1:Lindows。結局Windowsの実行ファイルが動くことなんかなかったと記憶してる。実際どうだったんだろ。