読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4日目:買い物と天国と地獄のマッサージ

 そろそろ違うこと書きたくなってきた。
 
 4日目。
 ガイドさんと車を1日借りまして、
 免税店に行ってあれこれ買い物。
 お土産とかを調達。
 どこにでもある感じのおかしを買ったんですが、
 結婚式に来てくれた人にお返ししなきゃならないので、
 すごい量に。
 リアルに「ここからここまでください」って注文した。
 
 んで、次にバリ式のマッサージやってもらいに行く。
 最終日にもマッサージはあるんだけども、
 癒されたいので、ちょっくら追加しました。

マッサージ:地獄編

 行ったマッサージ屋さんに、民族衣装体験のオプションがありましてね。
 嫁さんが「体験してみたい!」って言いましてね。
 そしたら、えらいことになりました。
 
 日本で言う所の、
 ちょんまげつけて、
 刀持って、
 紋付き袴と町娘の格好くらいな感じかな
 と思ったら大違いでした。
 
 完全に結婚式の衣装で、化粧までしてキラキラな感じ。
 俺まで化粧しましたから。口紅までして。
 そのうえ屋外でポーズ付きの写真撮影とかマジ恥ずかしかった!!
 他の日本人観光客に「なにそれ!?」って言われる始末。
 写真は誰にも見せられない。
 完全に封印しました。

マッサージ:天国編

 マッサージの担当は着付けと化粧をしてくれた女の人でした。
 これがまた・・・
 元気な頃のやまぐちりこをスレンダーにした感じの女の子でね・・。
 ちょっとヤバかったですね・・
 
 俺は小さい紙製のブリーフパンツに履き替えて、
 全身オイルマッサージをしてもらうわけです。
 こっちはほぼ裸な訳です。
 ブリーフパンツ、マジ小さいわけです。
 
 上の方からコンニチハしてしまうような状態になっちゃうのだけは
 避けねばならないと
 そんなことになったら日本の恥だと
 それ以上に嫁さんに殺されるんじゃないかと
 必死で静まらせましたよ(何かを)
 なんとか事なきを得ましたけどね・・。
 いかがわしいマッサージ店ではないという事だけは強調させて頂きますが、
 とても気持ち良かったです。

夕食

 このマッサージは食事もセットでして。
 これがまたナシゴレンとミゴレンのみの選択肢なし。
 貸衣装と写真とマッサージと食事のセットだったら、
 まあ妥当な料金でしたよ。
 しかし、なんちゃらゴレンはさすがに食い飽きた。
 
 そんなこんなで4日目はおしまい。