読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2日目:ケチャとブルガリのレストラン

 まだまだ通貨に慣れていない2日目です。
 ちなみに、これ6月の話ですからね。えぇ、えぇ。
 気付いたらお盆っていうね・・。
 誰も読まないことは織り込み済み。
 更新が遅いのは仕事と家事のせいです><;
 
 海外旅行は、むかし韓国へ行ったことがあるんです。
 その時にも通貨のレート差に慣れるまで時間がかかりました。
 日本円と韓国ウォンの差はだいたい10倍なので、
 1000円だったら1万ウォン。
 地味にビックリする感じ。
 「うおーコーラが1500円てなんぞ・・・あ、ウォンか」
 みたいな。
 
 インドネシアルピアは100倍で、
 1,000円だったら10万ルピアという、
 ちょっとピンと来ない感じになってます。
 んで、インドネシア国内でも100ルピア以下は
 ぜんぜん価値がなくて、
 買い物で端数が出るときにはまけてくれたり、
 飴で支払われたりします。
 そんなずさんで大丈夫なのか、インドネシアの経済*1
 

午前中

 朝ご飯を食べ過ぎてゲップゲップしながら
 午前中はゆっくりホテルの中を散策
 海を見にビーチまで行ったり。
 インド洋は綺麗だった・・!
 
 んで、ホテルはすさまじく広い。
 バリ島は観光地なので、
 景観を損ねるような高い建物は建てられないとかで
 その分、面積的に広くなるっぽいですね。
 それでもフロントから部屋まで
 歩いて5分とかかかるのはどうかと思うよ・・・!
 

午後

 朝飯が消化できずに昼飯を抜くなど。
 ホテルでアフタヌーンティをいただきました。
 
 ↑こんな風景を見つつ、バリコーヒーです。
 嫁さんと完全にリラックスモードへ。
 なんというか、お腹がいっぱいすぎて、
 コーヒーを飲むのもキツイ状況でしたけども。
 あぶらっこすぎるんだよ、食い物が・・・。
 うまいけど・・。
 

夕方

 夕方、ケチャを見に行きました。
 見に行ったのは山の中のお寺*2で、猿がいっぱいいるとです。
 
 そんで夕焼け見てたら、
 カバンにつけていた身延山のお守りを猿にを引きちぎられて
 食われてしまった。
 バチが当たって腹でも下してポックリいけばいいのに。
 
 肝心のケチャは、
 人の声だけでこんなに迫力のある音が出せるのかと
 感動しましたよ
 
 ちなみに、ケチャはこんな感じの民族舞踊で、
 AKIRAのテーマソングみたいな音楽でございます。
 
 
 そのあとブルガリのイルっていうホテルで夕食。
 ちなみにイタリアン。
 入る直前、例の色の黒いガイドさんに
 「高いですから注文するときはよくメニューを見てください」
 と注意される。
 そんな高いのかと夫婦でビビる。

緊張の入店

 んで、入店しまして、
 まずは飲み物を注文しないとならないわけです。
 しなくても良いかもしれないけども、飲みたいですから。
 「ワインがおすすめです」などと言われたり。
 ビールもあるけど、やっぱイタリアンでビールはないよなと思いました。
 根拠はないけども。
 しかし。
 またもメニューはすべて英語、しかもワインなんて全然わからない。
 
 さらに。
 よく見たらメニューの下に英語で
 「千の位より下のゼロは省いています」
 と書かれている!
 
 前述のとおり、インドネシアルピアは桁が多いですから。
 限りあるメニューのスペースを、無駄にゼロで埋めることになるので、
 いつかこういうのに出くわすだろうなとは思ってましたが。
 算数が苦手なので非常に困る。
 
 たとえば
 297
 って書いてあると
 297,000ルピア
 で、日本円にするにはゼロを二つ取るので
 2,970円
 といった感じ。

 正確な数字は覚えてないけど、
 ボトルは結構な高さだった気がする。
 すくなくとも200万ルピアとか300万ルピアとかいってた気が・・・。

 よってグラスワインのオススメをいただく。
 嫁さんは白、俺は赤。
 ワイン、超うまかったよ!
 フルーティーなブドウ本来の香(割愛)
 さすがグラス一杯でン千円のワインやでェ・・・。
 
 ゼロが取れていることを知ってか知らずか、
 すこし離れた所に座ってた日本人の若いカップル、
 ボトルが置いてあったけど、
 大丈夫だったんだろうか・・。
 
 料理はハーフコースで決まったヤツが出てくる感じでした。
 内容はすげー豪華でした。
 ちょっとお店の雰囲気が写真を撮る感じじゃなかったので
 (インド人とか世界中の人が店内にいたし)
 全然料理が撮れなかったのが残念です。

ホテルへ帰る

 帰りに闇夜に紛れると見えなくなるガイドさんに
 南十字星を教えてもらいつつ、
 この日はこれでおしまい。
 
 南十字星は南半球でしか見れない星座なんですよ*3
 で、真南の夜空にあったりします。 
 
 ガイド「南十字星を見れば方角がわかるから迷子にならず帰れるんだよ」
 ガイド「だからみんな南十字星をすぐ見つけられるんだ(キリッ)」
 俺「へえ。で、南十字星はどこ?」
 ガイド「ほら、あそこ・・あれ?あっち・・・あれ?」
 ホテルマン「あそこだよ」
 俺「なるほど」
 ガイド「・・・。」
 
 面白いガイドさんのおかげで、
 旅は順調です!

*1:ちなみに現在、経済成長しまくりの鰻登り状態だそうな。http://www.morningstar.co.jp/portal/RncNewsDetailAction.do?rncNo=513187

*2:たぶんウルワトゥ寺院。http://www.wendytour-bali.com/balipic/uluwatu.htm

*3:沖縄ぐらいまで行けば、北半球でも見れないことはない。